納得の行く商品開発を行うための試験片などを用いたテスト

このエントリーをはてなブックマークに追加

未知の素材を調べる

様々な開発が進んでいるので、今まで使用できなかった素材も使うことができるようになってきています。試験片を調べるためには大きな負荷をかけることができる機器を使うことになります。

材質のテストを

既成品から特注品まであります

食品を製造するにあたっては、たくさんの製造機器を扱うことになります。それらが正常に動いているかどうかについては、金属探知機やX線異物検出器については、専用の試験片が用意されており、それらが確実にk除去されているかを確認することになります。しかし、そういった専用の試験片が用意されていない場合、排出された製品や原料の状態を見て確認することになります。しかし、この方法は、主観に左右される部分も多く、企業として品質保証をするという観点からは、物足りなさが残ります。そこで、一定以上の基準をクリアしているかどうかを客観的に確認するためには、独自に試験片を用意しておくことが重要です。それを基準として機械性能維持していることを確認している、といえば、客観性を示すことができます。

それぞれに合った試験片

既成品の中に、適当な試験片があれば、そのまま使用することができます。最近では、インターネットが普及し、テスト片を扱っている業者のホームページにアクセスすることができ、写真も公開されていることから、会社にいて交渉をすることがしやすくなっています。もちろん、適当なものがなかった場合であっても、写真を基に、イメージを伝えることもでき、交渉がしやすくなっています。機械の設置状況というのは、各企業によってまちまちであるため、各企業に合った試験片を探していくことになります。しかし、こういった試験片を決めていく取り組みを行うことで、より機械のことを知ることとなり、より機械の能力を引き出すことになることにつながるものです。

周波数を調べる

スペクトラムアナライザという機器がありますが、これは通信機器を設計するために使われます。身近なところでは、音響機器にも使われるという例があります。信号を分析し、目に見えるようなグラフで表示してくれる便利な機器です。

抵抗値を設定する

機械を使うことで色んなことが可能になりました。大量に機器を作れたりするのも機械のおかげです。これを動かすのは人間の役目ですが、ロードセルを使えば抵抗値を設定し計測が自動的に行なえるので、操作する人が居なくても作業できます。

Copyright (c) 2015 納得の行く商品開発を行うための試験片などを用いたテスト all reserved.