納得の行く商品開発を行うための試験片などを用いたテスト

抵抗値を設定する

機械の精度は正確でなければならない

ビジネスは機械なくして効率化を果たす事ができません。人間の代わりに働く事で経費削減を達成する機械ですが、人間以上の能力を発揮する事も多々あります。つまり経費削減という目的に変化はありませんが、人間よりも労働に向いているケースが現れたのです。それは機械の技術が進歩した恩恵と言えます。 しかし機械の行う仕事は自動的であるが故の欠点があるのです。それは人間と違って自分でエラーを検出できない事です。人間は作業を続けていると疲労します。疲れを自覚した人は休む事を決定する際に、誰かの力を必要としません。しかし機械はエラーを検出する機能を備えなければ、一部の能力が損なわれても仕事を継続します。人間が気付かない限りトラブルが明らかにならないのです。

ロードセルによって荷重計測の仕組みを導入する

工場へ導入される機械の多くは、作業員によって管理されています。しかしそれは人間が近くにいるから行える事であり、近くに頼れる存在がいなければ管理できません。過酷な環境で仕事を続けられる事も機械の強みですが、人間の目が届きにくい場所はリスクが存在するという事です。 解決するためにはロードセルのような仕組みを採用するしかありません。ロードセルとは抵抗値を計測して、物体に加えられる荷重を計測する仕組みです。荷重を加える事を得意としている機械は多く存在しており、一定の動作を自動的に行うマシンにロードセルは有効と言えます。ロードセルによって計測されたデータに問題が見受けられれば、人間に自動通知する事も可能になるのです。

Copyright (c) 2015 納得の行く商品開発を行うための試験片などを用いたテスト all reserved.